火打箱「ほむすひ」

¥ 18,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

火打石を入れ、保管する箱を「火打箱(ひうちばこ)」と呼びます。
白川学館で使う火打箱は、火打石を保管することはもとより、火打石それ自体を清める作用を加えた火打箱となっております。
その名も「ほむすひ」です。

国生み神話にて、イザナギが生み出した、火の神の名を冠した「ほむすひ」。
六角柱の本体の中に火打石を入れることで、浄化され、火打石の働きが高まります。
素材には、寒冷地原産で、細やかな手触りと美しい木目を持つトウヒを採用。
内部には、ゼロ磁場フィルムコイルも搭載された六角炭素が入っております。

火打石を日々清めておくことで、火打作法の効果はより強いものになることでしょう。

●筐体:トウヒ(スプルース)
●薄型六角炭素:三河土、珪藻土、白炭、トルマリン、ベントナイト、ネオジム磁石、ゼロ磁場フィルムコイル、microSDカード、CMC
●寸法:幅80mm 高さ108mm 奥行き70mm
※乾燥・湿潤等によって合わせ面に隙間が発生することがございますが、品質には問題ございません。

※こちらの内容物に、火打石・鎌は含まれておりません。
火打石・鎌とセットをご希望の方は、
「火打石ほむすひセット」がございますので、
そちらでお求めいただけます。